HSPさんが付き合ってはいけない人とは?

小池です
HSPさんは「付き合う人、友人関係」は慎重に選んだ方が良いです。なかなかこの性質を理解してくれない人もいれば、悪意を持ってる人もなかにはいます。

そのなかでも、この性質の人とは絶対に付き合ってはいけない、できるだけすぐに離れた方が良い人と、その理由について解説します。HSPさんが心穏やかに過ごすために、ぜひ参考にしてください。

HSPさんが付き合ってはいけない人とは、ナルシシスト(エナジーバンパイア)

このナルシシストの特徴として

  • なんでも人のせいにする、自分の非を認めない
  • 他人を支配・コントロールしようとする
  • 執拗に人の弱みをつく

などがあります。(思い当たるような人はいませんか?)

ある程度付き合わないとわかりにくいかも知れませんが、初対面や付き合いが浅いうちでも見分ける方法はあります。

それは、すぐに自分の話にすり替えること。

もちろん自然な流れで、ある程度自分の話をするのは誰でもあるでしょうが、あまりに多いと疑った方が良いかも知れません。

そして先述した
・なんでも人のせいにする、自分の非を認めない
この傾向が見られたら、かなり危険人物ですので、できるだけすぐに離れることをお勧めします。

実際どんな局面でも、少なくともあなただけが一方的に悪いということはありません。むしろあなたに非はないことも多いでしょう。

私自身そんな人を何人か知っています。ここでは詳しく書きませんが、まあ悲惨なものでした。こちらの自身もモチベーションも下がるし、精神的・肉体的に疲弊しまくってしまいます。

もう一つ注意したい点は、初期段階では見抜きにくいことも多いこと。

このナルシシストはエネルギーが高かったり、一見するとカリスマ的な雰囲気があったりするので、魅かれてしまうことがあります。

上記の特徴を把握し、「おかしいな」と感じたら無理に付き合わず、というよりなるべく速攻で逃げることをお勧めします。

HSPさんは付き合う人と深さを慎重に

ナルシシスト(エナジーバンパイア)を説明しましたが、もちろん他にも付き合うべきでないタイプも様々あります。

否定的な人、威圧的な人、自分の考えを押し付ける人などもそうですね。

もちろん人それぞれ、誰でも長所も短所もあります。理屈ではなく、あなた自身の感情・感覚を大事にし、人付き合いをすれば良いです。

「Aさんはこういう良いところはあるけども、でも、う〜ん・・・」のように、ある人を思い浮かべた時、なんとなくスッキリしないのなら、そこまで無理に付き合う必要もありません。

逆に、短所はあっても「この人はなんか好きだな」と思えるのなら、良い関係を築けるようにすれば良いですね。

付き合う深さも大事です。本質的な話ができる人、本音が話せる人、親友はそう何人もはできないです。というか、一人いれば最高です。

例えば近所付き合い、職場の人などとは、それほど深く付き合う必要はありません。(もちろんリスペクトして深く付き合いたい人がいれば別です)

職場は仕事が回れば良いのです。近所の人には挨拶や、ちょっとした世間話し程度でも良いでしょう(地域によっても違うかも知れませんが)

状況や、相手がどんな人なのかで、付き合う深さも変えていけば良いです。理解できること、できないこと、興味、知識レベルなどは千差万別ですから、誰でも同じように接する必要はありません。

人間関係で必要以上に苦しむことはないです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です