HSPさんが生きやすくなるには【今日だけを見て生きる】

こんにちは、小池です。

思慮深いHSPさんは、いつも不安が強いかもしれません。これから先の生活、仕事、結婚、社会情勢・・・

かくいう私も、先のことを心配しすぎることもあります。我ながら「今そんなこと考えても・・・」ってくらいなのですが。もしかすると、あなたにもそんな経験はあるかもしれませんね。

不安で押しつぶされそうだったり、いつも何か心配事が尽きない。であれば、「今日1日だけを見て生きる」ことを意識し、実践してはいかがでしょうか。

この考え方はデール・カーネギーの著書「道は開ける」に書かれています。不安や悩みを消していく実用的な本なので、読んでみるといいです。割とHSPさん向けの本かもしれません。

HSP専門のアドバイザーとして活動されているRyotaさんも、著者や動画で「1日単位で捉えよう」といったことを述べています。

昨日のことは忘れ、明日のことは思い悩まない

過ぎ去った日は戻ってきませんし、明日のことは不明確です。であれば、今この瞬間から寝るまでの時間だけ生きると考えれば良いのです。

HSPさんの場合、考えすぎてしまう方も多いです。特に引越しや転勤、結婚など環境が変わるときなどは、忙しさに加え、今後のことを考えすぎてしまうこともあるでしょう。

今日1日を生きる。今日だけでいいんだ、と考えれば、気が楽になりませんか?

一度に一つだけ


頭であれこれ思い悩んでも、結局できることは、一度に一つだけです。一つずつやっていけば良いのです。

特に、やることが多くてパニックになってるときは、紙に書き出すと良いです。(PCでもスマホでも、やりやすいものでいいでしょう)

今日はこれをやる、というリスト。いつまでにこれをやるというリスト。書き出すと、まとまります。混乱しません。

書き出して、一つずつやっていくと、意外とすぐに片付くことも多いです。私自身、お店の撤退と引越しでいっぱいいっぱいになってたとき、そうすることでしっかり進んでいきました。

将来への計画や準備はいらないのか?

将来への計画や準備は?というと、できればした方が良いでしょう。例えば貯蓄や人生設計なども良いでしょうし、老後の準備なども良いでしょう。

ただし、思い悩む必要はない、ということです。計画や準備は良いが、不必要に心配しないことが大事ですね。

まとめ

◯今日1日だけを見て生きてみよう
◯過ぎ去った昨日と、不明確な明日は遮断しよう
◯一度に一つだけやろう
◯将来の準備や計画は良いが、思い悩む必要はない

HSPさんが少しでも楽に軽く生きるには、今日1日、今から寝るまでのことだけを考える、というのはすごく良いなと思います。考えすぎちゃったりしますからね。

今日から、ぜひ取り入れてみてください!

参考書籍の紹介

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です