罪悪感に苛まれているあなたへ 少しだけ心を軽くする方法

小池です

いつもなんだか罪悪感や後悔がある。
嫌な気持ちを引きずってしまう。
そんな状態から心を少しでも軽くするために
お伝えできればと思います。

先に結論を言えば
気に病む必要もなければ
苦しまなくて大丈夫、なのです。

(そのために、切り替えるコツなども
後ほどお伝えしますね。)

なぜなら、この記事を読んでいる時点であなたはすでに
良心的で誠実な、現代社会で貴重な方だからです。

本当に反省しなければならない人は
そもそも、こういう記事は読みませんので。

完璧な人はいない

そもそも、完璧な人はいないし
上手く行ってる人や「成功者」でも
実は色々「やらかして」ます。

世の中には「揚げ足取り」というのか
ちょっとしたなんでもないことを
いかにも大ごとのように騒ぐ奴もいますが。

そもそもそんな人の方が欠点だらけだったりします。

どんな偉人でも、成功者でも、
綺麗に完璧に進んできた人はいませんし
これからもそうです。

「責める人」はそもそも相手にしてはいけない


何かミスやトラブル、揉め事があった時に
「お前だけが100%悪い」のような言い方をする奴は
そもそもおかしいし、真面目に相手をしてはいけません。

100対0はありえないのです。

特に、人対人であればそうですね。
家族でも友人でも、客でもそうですが
どちらか一方だけに問題があることはないのです。

また考え方や価値観も人それぞれですので
絶対的な正解や正義も存在しません。

例えば、先月くらいか、
ホリエモンと飲食店がトラブルを起こして
様々な意見がありました。

しかし、その場にいない以上、実際のやり取りはわかりませんし
どちらかが100%悪いとも言えませんよね。

そして世の中にはずる賢いというか巧妙に
「私に非はなく、相手が全部悪い」
と罪悪感を抱かせるのが得意な奴もいます。

しかし冷静に観察したりすれば
結構ツッコミどころはありますし
結局、自分でタネを撒いてるだけだったりします。

なので、誰かに責められても、
必要以上に責任を感じる必要はありません。

ミスやトラブルを引きずらない方法①

謝罪や反省はしても、後悔はせず、仕切り直せばいいです。
本当にね、それだけでいいんです。

仮に何かやらかしてしまっても
反省してる時点で、ほぼ消滅していますからね。
誰かに迷惑かけたなら、一回しっかりと謝罪すれば
それでクリアです。

そこから、じゃあ今、これから何ができるか。
それでOKです。

どっちみち、過去には戻れませんし
失敗やミスのない人はいません。

引きずるよりも、その場でスッキリ解消して
やることやった方がいいです。

(ちなみにですが、もし過去のことをいつまでも
グダグダ行ってくる奴がいるなら
はっきり抗議するか、縁を切った方がいいでしょう。)

私だって結構やらかしてますから大丈夫です。

お客と揉めたことも何度かあったし
雇われだったときは、スタッフに良くない対応を
かなりして嫌われたりもしています。

それでも生きてますから大丈夫なのです。

ミスやトラブルを引きずらない方法②

もしミスが10あるなら、9に減らすこと。
そして良いことや貢献が10なら、11にする。

そんな考えでいけばOKです。

もちろん、ミスを減らせなくても
貢献を11にするだけでもいいですね。

繰り返しますが、ミスがなく綺麗な生き方なんてありえません。
ある程度色々やらかしながら進んでいくのが人生です。

だから気に病むこともないし
ほんの少しでいいですから前に進みましょう。

まとめ

・ある程度の失敗やミスはあって当然。
・「お前が全て悪い」のような言い方をする人は避ける。
100−0は存在しないので。

・謝罪すべきならして、反省すればそれで全て解消。
後悔する必要はない。
時間は前にしか進まないのだから、それでいいのです。

・少しだけミスは減らし、少しだけ貢献を増やす。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です