生きる目的を失った時に読んで欲しい「生きがいの創造」

こんにちは、小池です

生きてると本当に色々あります。
病気、失恋や別れ、大事な人の死去。
仕事でうまくいかない、借金、誹謗中傷やいじめ。。。

仮にそこまでわかりやすい原因はなくても
自分はなんのために生きてるのか
生きる意味はなんだろう。。。。

もしどれかに少しでも当てはまるなら
読んで欲しい一冊があります。

「完全版」生きがいの創造
飯田史彦著

要約できるほど簡単ではありませんが
私なりに感じたことなど書きますね。

私がどう変わったか

感想文を書くと多分、分厚い本ができてしまうので
簡潔に何を私が感じたかを書きます。

人生、何があっても大丈夫なんだ、と
強がりでなく素直に思えるようになりました。

仕事などで上手くいかなくても、失敗を繰り返しても
批判されても、それでいいんだ、と。

それまでは目の前の結果に一喜一憂したり
とにかく結果ありきでしたので。
人生そのものに、生きづらさや苦しさを感じていたのです。

もちろん人間ですから、それでもネガティヴな感情はありますが
それでもいいんだな、と。
より広い視点で考えられるようになったのが大きかったです。

科学的・学術的にスピリチャルを読み解いている

この本は生まれ変わりや魂的なことなど
「スピリチュアルな」概念が出てきます。
(というより、日本で最初にその概念を学術的に発表したのは
飯田氏だと思います。)

しかし著者の飯田史彦氏は占い師でも宗教家でもありません。

元福島大学教授、経営学者など
一般的に立派な肩書きを持っています。

トランスパーソナル(退行催眠など)や
たくさんの被験者とのやりとりなどからも書かれていますので
単なる妄想や幻ではないのがわかります。

なので、ある程度スピリチュアルな概念を好む方は
より理解を深めますし
そうでない方も、新たな扉が開けます。

また、宗教に関しても筆者はニュートラルな立場で
どこにも属してません。
どこかを批判したりはありませんし
何かに携わってる方でも、無宗教の方でもOKです。

ただし、どんなに論理的に語っても
信じられない人はいるでしょうし、否定だってできちゃいます。

なので正しいか間違ってるか、ではなく
最終的には「自分の中で腑に落ちた、しっくりきた」という方だけ
受け入れれば良いと思います。(これは筆者も述べています)

人生の目的とはなにか

ズバリこの3つ。
・学び
・使命
・愛

特に悩みや苦しみがある方に知って欲しいのは
「全ては学び」だということ。

魂は「成長する意志」を持ってるため、そのために
人として生まれ(というか脳とリンクし)
色々な経験をしながら成長していきます。

また、あらかじめ自分で人生を設計し生まれてきます。

例えば生まれつき障害があったりするのも
魂の学びのため、自分で決めてきたことなのです。

どんな人生、学びかは本当に千差万別で
一人一人全く違います。

例えば結婚にしても

  • 若くしてスムーズに結婚し、良い夫婦関係を築く
  • なかなか結婚できなかったが、ついに良い伴侶に巡り会う
  • 結婚したはいいが、夫婦関係や子供のことで大いに悩む
  • 離婚という経験をする
  • そもそも結婚しない

などそれぞれ、色々なケースがあるでしょう。
で、ここが本当に大事なんですが、、、

学びの種類に、正しい間違いや、優劣、上下はありません。
違った種類の学びがあるだけです。

例えば今でいう「婚活」だって
自分を磨かないと相手にしてもらえません。
それが大きな学びになるでしょう。

または離婚するのも、貴重な体験です。

そもそも結婚しないのも、しないならではの人生があります。
今世では結婚はしないと決めてきた人もいます。
(もちろんしたくなったら、して良いです)

例として結婚をあげましたが全てに当てはまります。
仕事でも、健康でも。

今苦しんでる方へ

まず、前世の業とか、悪霊がとか
そういうことでは一切ありませんので安心してください。

今辛い試練の真っ只中かもしれませんが、全ては順調なのです。
(ただし、無理に論理的にそう思わなくてもいいですよ。)

頑張って乗り越えましょうとかは私は言いません。
例えば仕事でどうしてもきついのなら
逃げる、やめる、環境を変えるなども堂々とやればいいです。

歯を食いしばって根性で乗り越えるのだけが正解ではありません。
自分を苦しめる必要もないのです。

また、魂的な学びというのは、人間界での成功とも関係ありません。
会社を起こして、最善は尽くしたが倒産してしまっても
失敗でもなんでもないのです。
むしろ貴重な経験をしたことで、大いに成長しています。

人それぞれ悩みも苦しみも違いますので全ては語れませんが、これだけは知っておいてください。

あなたは落伍者でも、失敗者でもありません。

むしろ、精神的・魂的には非常にレベルが高く、高度な学びをされています。

ここまで読んでいる方は間違いなくそうです。

なので安心して、どんな道を辿っても大丈夫ですので
(もちろん法律やルールなどは守った上でですよ)
一緒に生きていければ、と思います。

私としては人生の転機になった一冊ですので
興味あるな、という方にはぜひお勧めします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です