コロナウィルスから気づいた「私へのメッセージ」

今回かなり個人的な内容です。私の「アウトプット」です。が、もしかするとあなたの気づきになるかもと思い、書きます。

コロナウィルスで世界が揺れてます。私はと言えば、何も変わりません。コロナウィルスへは「普段通り過ごせば良い」と以前書いてますし、少なくとも「健康面」は今までどおりです。

あくまで私からすれば、ですが「何を大騒ぎしてるのだろう」という印象です。何もビビることはないと思ってるので。

それより仕事、生活面で「今、そしてこれからのこと」で頭はいっぱいです。正直言えば、ここ最近色々な「問題」「良くないこと」が起きました。私の中で不安や怒り、様々なネガティブな感情が渦巻き、混乱していたのです。思考の悪循環やネガティブへの「とらわれ」。頭の中はごちゃごちゃでした。が、、、

「あれ、実は思ってるほど大した問題ではないのでは?」「自分で勝手に大きく複雑にしてるだけ?」と感じたんです。

世間はコロナウィルスで大騒動。でも私は何も変わらない。メディアなりが過剰に報道しすぎ、と思ってるくらいで。

「メディアの過剰な報道」を自分の中でやってたのかな、と。

私個人の問題や悩みへは、「そんなに大げさなことじゃない、本質を見失うな」というメッセージかと、感じたんです。あとは「余計な情報に惑わされるな」と。悩みを複数人に話すと、実に様々な答えが返ってきますよね。

中には不安を煽るだけの人、否定的な人、話したはいいが余計に混乱したり、気持ちが重くなったり・・・なんのために相談したのかわからないですね、これでは。

おかしな宗教に入ってしまう、高額な「幸運のつぼ」を買ってしまう気持ちも若干わかりましたが・・・

さておき、病気でもなんでも「わからないから怖い」のであって、正体を知れば不安はないんです。例えば、久しぶりに運動をした後の筋肉痛。「痛み」でも、理由もわかれば、いずれ痛みもなくなることがわかるから、「精神的な不安や恐怖」はないわけです。

整体の場で言えば、膝の痛みで病院やら、色々行って「もうだめだ」「かなりひどい」と言われて落ち込んでしまった方がいました。しかし実際はそんなことなく、本人の取り組みもあって改善する。良くあることなんです。病院が悪いとかではないですよ。専門分野と見方が違うだけです。逆にケガが疑われる場合は病院ですし。

ちょっと横道に外れたので話を戻します。

今回のコロナウィルスで社会全体が「今までと違う」のは言うまでもありません。私個人はなにも変わらないとしても。イベントは中止され、観光やエンターテイメント、飲食店などは大打撃を受けています。閉店するところも多いと言います。働き方も、在宅ワークになったり変化があります。

日本社会が、いや地球が「なにか変わろうとしている」と感じます。今は時代の流れ、変化もめちゃくちゃ早いです。

今はゆっくり「自分の心の中」と向き合い、今後を考える時なのではないでしょうか。

まあ正直今回の記事は、なに言ってるのかわからないと思います。あくまで私が感じたまま、書いただけですので、ご了承ください。

ただ、コロナウィルスで感じたこと、あなたも色々あると思います。例えば閉店してしまった店や会社。もしかするとですが、コロナの前から「この商売続けていくの、どうだろう?」と思ってたのかもしれません。であれば「新しいやり方や生き方を見直す」には、ある意味ではベストかもしれません。

私がそうですが「このままでいいのかな?」と思いつつ、どっちつかずで続けてしまうことはあるでしょう。「決定的な何か」があれば踏ん切りもつくと言うもの。でも経験は無駄にはなりません。

思い切って「何かを変える」のは、今なのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です