HSPが「考えなくていい」5つのこと

小池です、

世の中には「考えなくていいこと」「考えても仕方のないこと」があります。

HSPさんは深く考え、本質を探る性質があります。良い方向に活用できれば素晴らしい能力を発揮する反面、考えなくていいことを考えすぎて、疲弊することも。私自身もよくやってきてました。

もしかするとあなたも、考えなくて良いことを考えすぎてるかもしれません。

この記事では、HSPさんが「考えなくて良いこと」をまとめました。色々考えすぎて悩んでいるHSPさんは、参考にしてください。

HSPさんが考えなくて良いこと①他人の言動・行動(大事でない人)

HSPさんは良心的な人が多く、ルールやマナー違反は許せないでしょう。例えば平気で道端にゴミを捨てたり、割り込んできたりする人には、怒りなど色々な感情があると思います。なぜそんなことをするのか、と考えてしまいがちですよね。

あるいは、ちょっとした言葉に深読みして疲れてしまったり。ネット上での誹謗中傷などにも、色々な感情が湧くと思います。

ただ、人それぞれ正義も真理も違い、人の数だけあると言って良いでしょう。

デールカーネギーの名著・「人を動かす」にもあるように、普通に考えればとんでもない悪人でも、自分が悪いとは思ってないのです。殺人鬼でも、麻薬を売りさばいてるようなマフィアでも・・・

なので、他人を理解しようとか、どういう考えなのだろう、などとは考えない方が良いです。

かわりに、あなたが好きな人、尊敬する人を思い浮かべる。あるいは人のちょっとした親切で嬉しかったことなど、ポジティブなことを考えると良いですね!

HSPさんが考えなくて良いこと②どうしたら良かったのか、正しかったのか?という反省


例えば、仕事で全力を尽くしたけど、上手くいかないことはあります。HSPさんは良心的で、深く考える性質があるため、いつまでも反省をしてしまいがちです。

もちろん前向きに適切にやれば良いのですが、やり過ぎてしまうんですね。「私が悪かったのかな、どうすれば良かったのかな・・・」などと。

しかし、そもそも絶対的な「正しかったこと、正解」は存在しません。

どんなやり方でも、思うような結果にならないことはあります。むしろ「上手くいかなかった」と思っている結果が、最良の結果だったかもしれません。

その時その時で、できうる準備をしつつ、最善と思うことをするしかないし、それで良いのです。

その上でもし出来るのなら、一つだけ「次はこうしよう」というのがあれば反省は十分です。

HSPさんが考えなくて良いこと③「私が悪い」と思うこと

何にせよ上手くいかなかった時に「私が悪い、私の責任」と必要以上に自分を責める必要はありませんよ。実際問題、あなただけに問題があるのではありません。

というか、本当に悪い人、問題がある人は、そもそも自分が悪いとは思わないです。(思い当たる人がいるかもしれませんね)

仕事でも、恋愛など人間関係でも、なんでもそうです。繰り返しますが「あなただけに責任がある」ということは一切ありません。

人のせいにばかりするのは当然良くないですが、全て自分が悪いとは思わないでください。

HSPさんが考えなくて良いこと④役に立ててないと心配する


例えば仕事であまり戦力になれてないとか、病気などで何もできず申し訳ないとか、それも考えなくて良いです。

例えば仕事で言えば、自分が思ってるより周りの評価が高いことは良くあります。特にHSPさんは自己採点では低く評価しがちです。

仮に実際にうまくできてないとしても、あなたの能力が低いのではありません。

あなたに合わない環境なのかもしれなし、育成・教育システムが良くない(会社側に問題がある)のかもしれません。

病気などで仕事ができない、家事も思うようにできないとしても、それまでやってきたことで貢献してます。病気になるくらい、無理して頑張ってきたのですから、今は休んで良い時期なのです。

また、極論にはなりますが、生きてるだけで、誰かの役には立っています。なのでご安心ください。

HSPさんが考えなくて良いこと⑤人と比べる

これはHSPさんに限らず、ぜひやめてほしいことなのです。前向きに「あの人みたいになろう!」というなら良いのですよ。ただ多くの場合、収入であれ学歴であれ、なんであれ、人と比べては一喜一憂します。

例えば収入。ある誰かと比べても意味はありません。上には上がいるからです。

例えば結婚。20歳で結婚して子供が何人もいる人もいれば、50歳で結婚して子供がいない人もいます。結婚しないで一生を過ごす人もいます。離婚する人もいます。40歳で結婚してないから劣ってる、ではありません。それこそ人それぞれです。

人と比べて優れてる・劣ってる、と考えると本当に苦しくなるし、幸福度も下がります。

一度しっかり時間を取り、あなたが本当に大事にしてるのは何か、ゆっくり考えてみましょう。

まとめ

HSPさんは深く考える性質があります。良い方向に使えれば大きな武器になる反面、あなた自身を痛めてしまうことも。「一人反省会」は多くのHSPさんがやってしまうんです。

その中で多いケースを今回、紹介しました。思い当たることがいくつかあったのではないでしょうか。

考えなくて良いことは考えず、かわりに少しでも良かったこと、楽しかったことなど、よりポジティブなことを考える習慣をつけませんか。

その方がHSPさんならではの感覚を活かせ、楽しくなりますから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です