コロナウィルスは恐れなくていい

結論から言うと、今まで通りに過ごせば良いです。
(普段から、正しく健康管理ができていればですが)

なめちゃいけないのは当然ですが慌てる必要もありません。

詳しくは後述しますが
インフルエンザウイルスの方が脅威ですし、
コロナウィルスもいずれ落ち着くにしても、数年後は別のウィルスが猛威を振るうからです。

コロナウィルスを必要以上に恐れなくて良い理由

2019年1月、インフルエンザの死者数が1日約50人。
月にすれば1500人。(日本だけの数です)
2019年なので新型コロナではありませんし、インフルエンザ単体での死者数です。
インフルエンザから持病が悪化したのはカウントしてなくてこの数です。

しかもワクチンがあるのに、です。

コロナウィルスの国内での死亡者数は
2020年3月15日現在24名。
しかも高齢者がほとんどで、不謹慎な言い方かもしれませんが
仮にコロナがなくても、インフルやその他で同じ結果になっていたかもしれません。

そう考えればインフルエンザの方がよほど怖いです。

ついでに言えば交通事故での死者数は1日12人。
月平均360人です。

コロナウィルスで急にマスクだアルコールだ、と言う前に
インフルエンザに普段から注意すべきですし
交通事故に気をつけた方が良いです。

そんな人に限ってスマホ見ながら歩いてたり
自転車乗ってたりしてますからね。。。

なぜこれほど恐ろしいと感じるのか?

人は「わからないこと」に感情が動きます。
コロナウィルスでなくてもそうですよね。
例えば「腰痛」でもそうです。

今までなかった痛みが急に襲ってきたら・・・
肉体的な痛みだけでなく、精神面でもやられます。
原因もわからないし、どうしたらいいかもわからない。
いつまで続くのか、あるいはずっとなのか。それすらもわからない。

整体の現場でも、痛みでの苦痛より、気持ち的にネガティブに
なってしまってる人がいます。わからないから不安なんですね。

今回のコロナウィルスは「新型」ですし確かに感染力は強い。
真偽はともかく、色々な報道やネット情報、噂。
それでパニックになりすぎてる感があります。

ウィルスはなくならないが・・・

よくよく考えて欲しいのは、過去もSARSや鳥インフルエンザ、狂牛病・・・
色々な疫病、ウィルスがあったこと。
どうですか?それらはもうすっかり忘れてませんか?

コロナもいずれは終息するか、
あるいはインフルエンザのように少しずつ形を変え残っていくのか。
それはわかりません。

が、一つ言えるのは、新種のウィルスや疫病は必ずこれからも出てきます。
ウィルスも常に進化・変化をし様々な形で生き残ります。
インフルエンザやカゼがなくならないのはそのためです。

免疫と、もう一つの大事なこと

最近になって「大事なのは免疫力」とメディアなどでも言われてるようですが
なにをいまさら、と感じます。何年も前から我々は言ってましたし
学び実践してきてます。

まあ、コロナが落ち着くと多くの人は忘れるのでしょうが・・・

ウィルスはなくならないし、新種が必ず出る以上
自分の体を良い状態にしておくことしかありません。

免疫については別で書こうと思いますが
・腸内環境(洗浄と腸内細菌のバランスを整えること)
・身近な「毒」をなるべく避けること
を意識すれば8割OKです。

腸が免疫の8割を担うと言われてますし
実践して私も実感してます。

納豆を食べれば良いとかは、間違いとまでは言いませんが
浅いです。ほとんどの人は色々な毒物で腸が汚れてますし
気づかず毎日取り入れてしまってます。

まずそちらを排除しないといけないからです。

ただ、、、それ以上に大事なのは
情報に踊らされないことだと感じています。
情報を有効に活用するならいいのですが、踊らされすぎです。

コロナは確かに脅威ですが、先述したようにインフルや交通事故の方が死んでいます。
マスクの件一つ取っても、こんな時にだけ買い占めたり、あげくは高額転売したり。
歩く時、自転車や車に乗るとき。もう少しだけ注意し、
譲り合いの気持ちを持てば交通事故は減らせるのではないか。

普段の食事はどうなのか。睡眠はどうなのか。

基本的なことをおざなりにして、有事の時だけは
メディアや情報を鵜呑みにしておかしな行動をとる。
その方が怖いというか、愚かだと私は感じます。

ちなみにWHOも「症状のない人は予防にマスクは不要」と出しています。
https://mainichi.jp/articles/20200301/k00/00m/040/082000c?fbclid=IwAR10hDQcXbdR4iSOeIILvV2r00Z1zi8GS9ViCoiAkJIdt0iNN9n_0oA33rk

肉体面の免疫力はもちろんですが
新しいものや情報への免疫とでも言いましょうか。

情報過多の時代、なんでも鵜呑みにせず
最終的には自分で考え判断し、自分で責任を取ることが
本当の健康と幸福に繋がるのでは、と感じています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です