【日本の現状】世界一危険な国?

日本は治安の良さや便利さ、衛生面など素晴らしいです。が、、、ある意味では世界一危険な国とも言えます。なぜ、そして何が「危険」なのか。どんなことに気をつければいいのかを書いていきます。

特に健康面で悩みがある方は絶対に知っておいて欲しいです。生活習慣病、慢性的な痛み、うつ病など心の病。あるいはアレルギーや喘息など、全てに繋がる大事な話です。

まず残念ですが、れっきとした事実をいくつか述べます。

  • 薬の消費量世界一
  • 若年層の自殺者数世界一
  • 精神病院の数世界一
  • 寝たきりや痴呆の老人が圧倒的に多い(先進国ではありえないほど)
  • 二人に一人がガン(これも他国ではありえない)
  • 2018年度の医療費が42兆6000億(過去最高)で、2040年には60兆を越えると言われている

 

要因はたくさんあります。教育面や環境面、陰謀説などもありますが、今回は現実として何が危険かを知ってください。

  • 添加物の種類世界一(アメリカの10倍)
  • 糖質まみれの食べ物が多い(肥満、生活習慣病、うつ病の増加に)
  • トランス脂肪酸がほぼ無規制(諸外国ではことごとく規制、禁止)
  • 電磁波への対策や規制がほとんどない(脳にダメージ、免疫も落ちる)
  • 不要な薬や検査で、副作用の害が大きくなっている

こう書くだけでも相当ですね・・・まだありますが今回はこれくらいにします。上記の2つでも3つでも、いや1つだけでもいいです。理解して、しっかり対応すれば必ず健康度合いは変わります。

ではそれぞれ、なるべくシンプルに解説と対策を書きますね。

添加物の種類世界一(アメリカの10倍)

添加物、化学調味料がとにかく多すぎます。加工されてるものは間違いなく入ってます。キリはないですが少なくとも以下のは覚え、避けた方がいいです。

  • アスパルテーム
  • スクラロース
  • アセスルファムK
  • 着色料(青1とか黄2とかのように記載されてるもの)
  • ステビア

他にもたくさんありますがこれくらいは覚えておくと良いです。
成分表を見る癖をつけましょう。
コツとしては、聞き覚えのないカタカナの物質とかあったら注意です。

糖質まみれの食べ物が多い(肥満、生活習慣病、うつ病の増加に)

日本の糖質の摂取量は多く、一人当たり基準の2倍摂ってると言われています。確かに店で売ってるもの、飲食店は糖質のものばっかりです。ラーメン、ご飯、パスタ、スイーツ・・・逆にタンパク質や脂質など必要な栄養が足りてません。

病院に行って薬を飲んだりしてるのに、平気で糖質まみれ、添加物まみれのもの食べてる人がいますが、だから治りませんし弱くなるんです。

トランス脂肪酸がほぼ無規制(諸外国ではことごとく規制、禁止)

かなり危険な脂として諸外国では規制、禁止になってるトランス脂肪酸。日本ではほぼ無規制で使いたい放題です。マーガリン、ショートニング、コーヒーフレッシュなどに入っています。パンやお菓子にはマーガリン、ショートニングが入っています。なんとなく普段食べてるなら要注意です。

電磁波への対策や規制がほとんどない(脳にダメージ、免疫も落ちる)

例えばイギリスでは
・小学生は携帯電話を持ってはいけない
・妊婦さんは建物の4階以上にはすまない
など規制というかルールがあります。

IHは海外では禁止の国も多いです。

スマホ、IH、電子レンジ、あるいは東京タワーやスカイツリーもそうですが電磁波がいかに悪影響かは日本では報道されません。なぜならスポンサーが絡んでるから。大衆の安全や健康より、金が強いんです。

悪影響としては

  • 脳の温度が上がり免疫低下、病気や脳腫瘍になりやすくなる
  • 活性酸素が増え、老化
  • イライラ・うつなどの精神的な影響もある

対策としては

  • 自然に触れる(土いじり、裸足で歩く、海辺にいくなど)
  • 部屋に観葉植物をおく

などがあります。

不要な薬や検査で、副作用の害が大きくなっている

健康診断での血圧やコレステロール値。メタボ健診。日本の基準値はおかしく、海外からも突っ込まれています。実際、半数が引っかかるようになっていて、不要な薬や検査で、副作用など却っておかしくなるケースが多いです。

余談ですがメタボの基準値の会議でのこと。女性は腹回り90センチ以上がメタボですが、それだと該当者が少ない。なので「じゃあ80センチにしようか」なんて発言があったくらいで。

健康診断や数値の基準などは別途書きますが、数値が高いと言われても、安易に薬を使わないことは大事です。血圧やコレステロール値は高くても大丈夫と言うか、むしろ年齢とともにある程度高い方が自然だったりもします。

最後に

まだまだありますが今回はこれくらいにします。何を信じ、どうするかはあなた次第です。一つ一つについては今後詳しく書こうと思います。今の日本人、全体的には頭も体も弱くなってます。だから経済でもなんでも、もうトップではないですよね。

ただ日本人の本来のポテンシャルは世界一だと、私は思ってます。今回書いた医学的なことにせよ、教育にせよ、見直す時期だと強く感じています。

最近は医療関係者、例えば医学博士なども「日本の医療はおかしい」と訴える人も出てきています。そして個人でも、まだ少ないでしょうが私のように感じ始める人も出てきています。

これを書いてるのが2020年3月23日。コロナウィルス騒動がまだまだ続いています。色々な意味で、日本も変革期、転換期です。(日本だけでなく地球規模でかもしれません)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です