【HSPの生き方を考える】「まだ大丈夫」は赤信号 70%思考のススメ

小池です

HSPの方は自分に厳しく
頑張りすぎちゃいます。

気付いた時には心身ともに疲れ果て
仕事を辞めることも。
(私も経験してます)

そこで今回は、疲弊しないための
考え方をお伝えします。

必要以上にダメージを受けることなく
生きづらさ解消にも役立ちますので
ぜひ参考にしてみてください。

HSPの仕事は70%でOK

あるHSPカウンセラーの方が言うには
「HSPの70%は他の人の100%」

これ聞いて、なるほど、確かにと納得しました。

頑張りすぎちゃうし、細かいところにも
気付けてしまうから(もちろん長所でもありますが)
やりすぎちゃうんです。

ただ、全ての仕事を完璧にはできないし
(家事や育児なども含めますよ)

仕事の中でも、そこまで大事ではない内容もあります。
全てを100%やったら潰れます。

「大事なことだけを、それも70%でいいや」
でいきましょう。

必要があればそこから修正すればいいんですから。

もう一つは、「疲労度」に対して。
これもおそらく、

「ちょっと疲れてるけどまだ大丈夫」
って時はもうダメです笑

まだ70%のエネルギーを使っただけだ、
って感じてる時は100%近く使ってます。

70%を意識し(もっと低くてもいいかもしれません)
仕事も休養もやっていくといいでしょう。

とことん無責任・わがままになれ

周りの気持ちがわかりすぎたり
共感しやすいHSPでしたら
このくらいの感覚でも
バランスがいいかもしれません。

おそらくは、基本的なマナーやルールを
がっちり守る方が読んでると思うので
あえてそう書きます。

ただし注意があって、無責任になるのは
他人に対して、です。

他人の気持ちがわかるのは、いきすぎると
あなた自身が苦しくなるばかりです。
ネガティブな気を「もらっちゃう」
ことも多いと思います。

しかし他人の人生はあなたに責任はないですし
その人がやってきたことの結果です。

仕事上でも、プライベートでも、
話を聞いてあげたり
相談に乗ってあげるのは良いでしょう。
(あなたが疲れない程度になら)

だけれども、必ずしもあれこれアドバイスする必要もないし
(実は相談者も望んでないことも多い)
その人なりの学びの途中ですから。

そしてこれからどうするか、どうなるかも
100%その人次第です。

あなたの力が必要だと言うなら
考えても良いでしょうが、
できることだけやればいいです。

結局は本人次第ですから。

参考・私の整体院の例

私も以前は、来る患者さん全てを
「なんとかして治そう」と考えていました。
しかし無理だと、ようやくわかりました。

なぜなら、
・そもそも治したくない人もいる
・通う・通わないは患者さん次第
(どうやっても通わない人は一定数いる)
・アドバイスしてもやるかどうかは本人次第
・整体院以外での過ごし方を全て把握し指導はできない

などなど、私ができないことがたくさんあるとわかったから。

当然、改善までに必要なおおよその回数や期間は
説明するし、通うと決めた方にはできることは
全力でやります。

魔法使いではありませんし、
今まで散々体に悪いことをしてきたのに
一発で治すこともできません。

今の状況を作り出したのは100%その人ですし
これからどうするかもその人次第。

私がどうこうできることではないし
する必要もないと。そう今は考えています。

マッサージや旅行など癒しを優先する


頑張りすぎて倒れちゃうくらいなら
マッサージでも旅行でも、なんでもいいです。
あなたにとって楽しこと、癒し・ヒーリングになることは
計画的に定期的に入れちゃいましょう。

病気になったりして何ヶ月も
療養するよりいいです。

大丈夫です、その方が結果的に仕事もなんでも
うまくいきますから。

本当にね、気付いた時は
エネルギーがすっからかん・・・
てなりがちなので。
そこはある意味、わがままにいきましょう。

まとめ

◯HSPは70%の感覚でOK(それが他の人の100%なので)
◯自分の範疇でないことにはとことん無責任になる
◯わがままに休む、癒しになることをする

以上、共感しすぎて疲れてしまうHSPさんの
参考になれば嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です