私が小豆島へ移住した経緯とは?

こんにちは、小池です。

2021年4月、東京を離れ、小豆島へ移住しました。
今後、仕事や住居、引越しについて、また実際の生活も書きますので、島暮らししたいな、小豆島に興味あるな、って方は楽しみにしてくださいね。

今回は、そもそもの経緯について、正直に書いていきます。もし、今の生活で疲れちゃったな、とか、新たな環境で生きていきたいとか考えてるなら参考になるかと思います。

都心と仕事に疲れてしまった

ネガティブに感じるかもしれませんが、まずそれがスタートでした。

東京に出て15年。整体院経営も8年しましたが、都心部にも、仕事にも疲れちゃったな、というのhが本心です。当然私の力不足はありますが、まあ色々な人はいますからね・・・

加えて、都心部の人が多く、自然が少ない環境にも嫌気がさしていました。家から出て50メートルも自分のペースで歩けない。自然がなかなかない。。。

15年いたわけですし、メリットや良い点、便利な点は多かったと思います。ただ、私にとっては離れるタイミングだったのでしょう。

「今はもう、都心部から離れよう」と思ったんです。

旅行をして、島暮らししたいと思った

そんな中、きっかけになったのは伊豆大島への旅行でした。東京からすぐ行ける島です。そこで「島」の雰囲気やパワー、気持ち良さに何かを感じました。旅行で行くのもいいけど、島に住んじゃうのも良いのではないか?そう思い始めたんです。

メンターに瀬戸内海の島を勧められた

あるメンターに相談すると、都心部を出て島暮らしすることには賛成でした。ただ、伊豆大島とかもいいけども、瀬戸内海の島も勧められたんです。そこで色々調べると、小豆島あたりは移住者を多く受け入れてるし、家賃補助も役所から出たり、歓迎してる模様。

実際、一度行った時も、「これから住むならここかもな〜」って自然と感じたんです。

こんな風景を見ながらね。多分、オリーブ公園の少し上の方だったかと。

仕事面で縁があった

まあ、ただ色々迷ってるうちに時間が過ぎてしまいましたが、SMOUT(スマウト)というサイトで、小豆島で仕事の募集があったのです。それをきっかけに、仕事、そしてなんとか住居も決め、移住しました。

移住について、募集等もしているので、小豆島に限らず地方移住などに興味ある方は見てみると面白いです。https://smout.jp/

私のように都会に疲れちゃったり、今のところでは限界を感じてたり、新しい道を探したい、って人も、大丈夫です。まだまだ知らない地域、仕事、人・・・たくさんあるし、必ずあなたを必要としている地域も仕事もあります。

(小豆島での仕事や住居、引っ越し代などなど・・・はまた今後書いていきますね。)

移住して1ヶ月経っての感想

これを書いてる時点で、引っ越して約1ヶ月。後悔は全くありません。色々なところに行きましたが、面白い、興味深い、探索のしがいがある魅力的な島だな、という気持ちです。

海もあれば、山も、棚田もあり、どこに行っても気分が良いです。食べ物も美味しい!

仕事面は、今までやっていた整体等は一旦、休止してます。(ただ、ニーズや状況によっては、また何かしらの形でやることも、あるかもしれません)

実際やってみないと、どうなるかはわかりませんので、いきなり店を出すのはやめました。

今はパートで働いている状況ですが、やはりコロナの影響も大きく、不安定です。正直仕事面は、これからまた考えていかないといけないですね。

ただ幸いなことに、求人自体は結構あります。整体や健康のことを活かした何かをするのか、どこかで社員として働くのか、色々複数やるのか。

情報を集めて、見学して。できれば人脈やネットワークも作って。ある程度の安定した収入は、作っていかないといけないですね。

ま、仕事や収入も大事ですし考えていきますが、一番は小豆島暮らしを楽しみたいと思います。

仕事をすることが目的で来たのではないので。あくまで手段の一つですから。

ではまた小豆島生活については書いていきますので、お楽しみに!

また、小豆島や移住について質問等ある方は、コメントかメッセージをくださいね。

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です